リハビリ

壊れてしまった認知機能を修復する方法「効果的なリハビリを五つ紹介」 

 

こんにちは、ひで坊です。

今回はタイトルの通り、鬱や統合失調症などで失ってしまった

記憶力や判断力を取り戻す、自分が実践してきたリハビリを、五つの記事にしてお伝えしたいと思います。

 

このリハビリをする事で、

 

病前のような脳の機能を取り戻す事をお約束します!

 

なんてたいそれた事を言うつもりはありません。

 

ですが、実践する事で

 

あなたにとって、大きな一歩である事を保証します。

 

「こんな病気になんてならなければ・・・」

「もう人生つんだ・・・」

「いつまでこんな生活が続くのだろうか・・・」

 

ついついそんなことばかり考えてしまうそんなあなたへの

 

今すぐ出来る実践方法です。 

 

 目次

  1. 適度な運動
  2. 簡単な調理&調理補助
  3. ブログ更新
  4. 漫画を読む
  5. 毎日の読書習慣

  

 

 

1.適度な運動

 

 

 

 適度な運動は身体に良いと、誰しも一度は聞いた事があるかと思いますが

   

・なぜ身体に良いのか??

まで深ぼった話をご存知でしょうか

 

適度な運動に関しては、身体的にも精神的にも多くのメリットがあるため、

全てのご紹介は長くなるため省略しますが、

当事者の自分から見て、気になったメリットをご紹介します。

 

 一つ目のメリット  

軽い運動をした際の、脳の働きは抗精神薬を飲んだ時と同じ効果がある事

 

 ランニングや過度な筋トレなどの激しい運動は、自立神経の交感神経が

以上に高まってしまうためから、血流の悪化の可能性があり、

身体に悪影響が出てしまう可能性が高まるとのことです。

よっぽど体を動かしたい場合以外は、

ウォーキングやストレッチなどの深い呼吸が出来る軽い運動を取り入れましょう。

 

そして、上記した軽い運動は

抗精神薬を服用した時と同じ脳の働きになると、医学的に証明されているそうでです

 

病気の発症当初は、健常者にはおよそ理解が出来ないぐらい

脳の機能が低下してしまいます。

 

そんな中、私の主治医からの言葉を信じて、現在出来る事として

  

  二つ目のメリット

 

外を歩き、日光を浴びて汗を流すこと

 

を実践してきました。

 

 

 

 この、日光を浴びる事がとても重要であり

日光を浴びる事で、精神の安定にとても大切な成分

セロトニンの分泌が行われます。

セロトニンを増やすには、起床から30分が効果的との事なので

この事から

ウォーキングは朝に取り入れるのが最も効果的です。

また、近年の夏は以上な暑さなので、熱中症の危険も伴う点からも、

比較的涼しい朝の時間帯が、肉体的にもベストかと思います。

 

ですが、実際に毎日歩く事はハードルが高く 

決まった時間に歩く習慣をつけるのは、なかなか強い意思が必要になります。

 

朝に日光を浴びる事にこだわってしまい、朝に時間が取れないからとウォーキングをしなくなるのがオチ、人間の悪い癖です。

 

当時の自分も、毎日決まった時間にウォーキングをする精神的余裕はありませんでした。

 

なので、決まった時間や毎日歩くなど、無理な目標は立てずに

  

  • どれだけ歩くかを決めずに、とりあえず外に出て散歩をする。
  • 出来るだけ外に出る時は歩く
  • 友達と約束して、散歩仲間をつくる

 

などなど、歩くためのハードルを下げていき、

散歩をする際に障害となる原因を壊していきます。

特に、一つ目の

どれだけ歩くかを決めずに、とりあえず外に出て散歩をする

は、読書や今後取り入れたい習慣がある場合、とても役立つ習慣化のコツですので、また別の記事にしてお伝え出来たらと思います。 

 

 

  三つ目のメリット

 

外に出る事で、様々な発見ができる事

 

 大人になると、車や自転車での移動がメインになりがちになり、

ゆっくり景色を楽しみながら街を散策しよう!!!

なんて考える余裕もなくなってしまいます。

ましてや当事者である人は、時間はあれど、思うように心が働かずに何も出来ない事への苛立ちなどがあり、

世間体の目を気にしたり、自己肯定感などもなく

当事者ならば一度は味わう絶望感は耐えがたいもので、余裕なんて有りません。

 

ですが、そんな絶望的な状況でも

 

外を歩く事で、普段は見れなかった街の景色に気が付けたり、

そもそもリハビリとして歩いている事自体、俯瞰的に見るならば

大きな一歩であるし、沢山歩けば歩くだけ、

少しずつでは有りますが、

これだけ歩けたと言う自信にもつながりました。

  

 

普段通らない道に、隠れ家的なカフェを見つけたり

公園に住みついている野良猫と遭遇したり

自分が思ってる以上にながい時間を歩けたり

 

 色んな面で気づきが生まれました。

外に出てなければ生まれてこなかった気づきです。

調子の良い日を家の中で過ごすのではなく、

ちょっとした刺激を求めて

外に出てみては如何でしょうか?

 

 

まとめ

1 >軽い運動をして、お薬の効果だけでなく身体的回復力も利用しましょう。

2>日光を浴びて、 ストレス軽減や精神を安定させる幸せホルモン『セロトニン』を増やしましょう

3>外に出る事で様々な気づきを得て、生活に小さな刺激を与えましょう

  

 

以上で

軽い運動をするメリットを記事にしましたが、

内容からも分かる通り、個人的に強くオススメなのが散歩です。

ウォーキングは、メンタル系の病を持つ当事者だけでなく

普段デスクワークが多く、体をあまり使わない方には今すぐ取り入れてもらいたい習慣です。

人間の体は、原始人の頃から狩をするため身体を動かす事が前提で作られているそうで、体を動かさないと事で遺伝子的にも悪影響が出てくるとか 

 

今すぐ日々の生活に、運動を取り入れ

潜在的レベルの健康を手に入れましょう。

 

 

 

夜なかなか寝れないあなたへ前のページ

『認知機能障害に効果的なリハビリ』小さな事からコツコツ改善次のページ

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

  1. メンタル セルフコントロール

    冬至は湯船に浸かりましょう

    今日は、昼が1番短く夜が1番長い夜ですよ♪こんな日に…

  2. メンタル セルフコントロール

    『精神病患者』が精神を酷使しても再発しなかった理由

    こんにちは、ひで坊です。 今回の記事は、精神的に脆い…

  3. リハビリ

    『認知機能障害に効果的なリハビリ』小さな事からコツコツ改善

      こんにちは、ひで坊です。前回の記事に引き…

  4. メンタル セルフコントロール

    精神障害者の私が選ぶオススメの働き方TOP5『返事が出来れば合格です』

    こんにちはひで坊です。今回の記事は、メンタルの病などで現在働…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらのボタンで応援よろしくお願いします。 ブログ検索に役立つページに飛べます

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

 
  1. メンタル セルフコントロール

    ダーツ初心者が思う『ダーツが楽しい訳』
  2. メンタル セルフコントロール

    診察の時、うまく喋れないあなたへ『仕組み作りと伝える努力』
  3. マクドナルド

    冬の定番『日本の冬限定のジャンクフード』
  4. 旅行

    寝坊こそ旅行の醍醐味『in沖縄』
  5. メンタル セルフコントロール

    冬至は湯船に浸かりましょう
PAGE TOP