メンタル セルフコントロール

『精神病患者』が精神を酷使しても再発しなかった理由

こんにちは、ひで坊です。

 

今回の記事は、精神的に脆いはずの精神病患者である私が

週6勤務、実働11時間労働を一ヶ月以上耐えられた訳を、語らせていただきます。

 

メンタルの病持ち、かつ実際に就労している方向けの記事となります。

健常者の方でも、おそらく共感していただける内容かと思いますので、よければご覧ください。

 

この記事を読む事で、その辛い仕事は

「耐えるべきなのか?逃げ出すべきなのか?」

 

の判断材料にして頂けたら幸いです。

あなたの目指すべきものはなんですか??

 

 

 

 

初めに

 

 

現在勤めている会社に対して、あなたはどのような考えをお持ちでしょうか?

ただただお金を稼ぐために働く人もいれば、パワハラ上司のご機嫌取りに精をだす方もいるかと思います。

どんな選択でも私は、本人が選ぶ事ですので

間違いでは無いし、否定もしません。

成人を迎えた一端の大人の決断に、あーだこーだ言うのも野暮なはなしです。

今回は、

『自分の時間をいきろ!!』

と、さながらホリエモンの自伝のようなことも言うつもりはありません。

私が言いたいこと、それは

あなたが本当に辛い時、なぜそこにいるのかを明確にし

あなたの選択肢を広げる手引きとなれれば幸いです。

 

 

会社に残る選択について

 

 

 

最初に述べたように、あなたが選択した判断が間違っていると、

突き放すための記事ではありません。

 

・選択が出来ずに悩んでいる

・自身で選択した決断により、耐え難い生活をしている

・意地になって、本来の決断すら忘れてしまっている

 

などなど、自分の判断により低迷しがちな方は

この記事を読みながら、今一度、

あなたの選択について、考えていただければと思います。

 

理不尽な扱いは、逃げ出す理由にならない

 

 

どんなに優れた上司でも、人間であるいじょう理不尽な発言や行いをしてしまうこともあるかとおもいますが、

実際に私が理不尽な発言をされた時、その言葉に感情を左右されずに過ごせた時期がありました。

 

普通であれば理不尽な目にあうと、不快な気持ちになったり一日中気にしてしまったりと、できればそんな目には遭いたくないと思うのが健常な思考です。

 

それでもそこに残る決断をした理由が私にはありました。

 

 

会社に残った訳

 

 

今の仕事で形態が個人事業主となる前、アルバイトとして働いていたころ、

まだ病気が安定しておらず、被害妄想や幻聴・不眠などと付き合いながらの就労でした。

精神的病からも、就労するだけで精一杯だったのにもかかわらず

仕事のことで上司から小言や、皮肉混じりの指摘などなど

 

『なぜそんな言い方をされなければイケないのか』

 

毎日毎日考えていたし、任されていた仕事が全体の仕事の流れに影響するポジションだっただけに、

毎朝プレッシャーに負け、トイレで吐くことが一日の始まりでした。

 

そんな、今ではおそらく耐えられないであろう過酷な日々であり、ギリギリな状態でも、

逃げ出さず耐え抜けた理由は

 

その上司のように仕事が出来るようになって、健常者のなかでも立派に働けるようになりたい

 

と、当時の自分は強く思い、憧れに近い感情を抱いていました。

 

確かな目標の先として、そこに理不尽な上司がいたことが、会社に残った揺るがない理由。

確かな目標がなければ、そこにいる理由はない。

今、以前の私と同じように

『毎日のプレッシャーに負け、会社に行くことにたいして極度な不安を抱えている場合』

一つ、自身に問いかけて欲しい。

それは

『その困難を乗り越えた先に見える自分は、今なりたい自分であるか』

です。

 

目標としている上司が

人としておかしな行いや、発言は実際関係ありません。

その上司と肩を並べ、盗めるものをすべて盗み、同じ目線もしくはそれと近い目線まで行けた時、

あなた自身が、自分のなりたいように振る舞えばいいこと。

 

目標にした上司に依存し、いちいち発言や行いにたいして勝手に落胆するのはそれこそ理不尽であるし、

気にくわないのであれば、そこから立ち去ればいいだけ。

 

もしくは、自分なりに道を作ればいいだけ。

 

目標がゴールでは無く、あくまで通過点であることを忘れずに日々の仕事に取り組むべきです。

上司を目標とするのであれば、まずは一旦

すべて受け止め吸収する部分だけに注視し、自身の成長だけ考えましょう。

 

会社から立ち去るべき人

 

 

  • 上司のようになりたい
  • この仕事で活躍したい
  • 誰にも負けたく無い

などと考えられ無く、辛い一日がただただ流れていくような人は

なんのために働くのかを今一度考え

 

能動的に出来る仕事を探したり

自身がなりたい生活を、実際に送っている人に会って

話を聞くのも、大きな成長につながるかと思います。

 

  

最後に

 

私とあなたの考えが違うように

見え方や人生に対しての重点の置き方も全く違います。

それはいま周りにいる上司や友達・母や父にも言えることであり、期待という執着が生まれてしまうと、さまざまな思い込みや幻想を抱きやすくなります。

 

それにより、他社の発言や行いにたいして落胆したり、がっかりして余計な苦労が生まれます。

それも踏まえた上で、目指すべき上司やメンターを見つけ、通過点として利用するように、自身の考えを持ち続けましょう。

それが出来ないような職場なのであれば、迷うことはありません。

 

辞表をもって、次のステージに向かうことをオススメします。

 

これからは自身の執着を理解し自ら選び進んだ道に立って頂ければ、あとは仕事に精を出すだけです。

 

間違った判断をくだしてしまっても、また一つ経験値が貯まるというおまけ付き。

考えないという選択肢は無いかと思います。

 

少しでも、あなたの背中を推せることができれば幸いです。

 

選択の判断材料として、こちらもよければご覧ください

 逃げ出すということは、一つの決断ですhttps://hidebou.blog/2020/12/03/%e9%80%83%e3%81%92%e5%87%ba%e3%81%99%ef%bc%9d%e6%a0%b9%e6%80%a7%e3%81%aa%e3%81%97%e3%80%8e%e8%aa%b0%e3%81%8c%e8%b2%a0%e3%81%91%e3%81%a0%e3%81%a8%e6%b1%ba%e3%82%81%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%8b%e3%80%8f/

 

 

ではまた

 

ランキング参加に付き、クリックして頂けるとモチベーションに繋がるので嬉しいです!!ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

 

侮るなかれ『快眠への投資を怠るな』前のページ

挑戦者求む『挑んだ先に見える景色はマウントレーニア』次のページ

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

  1. メンタル セルフコントロール

    統合失調症をモチーフにした傑作アニメ

     こんにちは、ひで坊です。今回の記事は少し変わり種と…

  2. リハビリ

    『認知機能障害に効果的なリハビリ』小さな事からコツコツ改善

      こんにちは、ひで坊です。前回の記事に引き…

  3. メンタル セルフコントロール

    逃げ出す=根性なし『誰が負けだと決めたのか』

    こんにちは、ひで坊です。  今回の記事は、多…

  4. メンタル セルフコントロール

    飛行機を好きになれない『in沖縄』

       ※各観光スポットでは、コロナ対策に万全…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらのボタンで応援よろしくお願いします。 ブログ検索に役立つページに飛べます

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

 
  1. メンタル セルフコントロール

    リハビリとは何か『証明できない効果があります』
  2. 旅行

    名古屋の魅力はシャチホコのみならず『郷土料理と観光名所をサクッとご紹介』
  3. メンタル セルフコントロール

    自分のやる気をセルフコントール『同調圧力をうまく利用』
  4. リハビリ

    壊れてしまった認知機能を修復する方法「効果的なリハビリを五つ紹介」 
  5. 旅行

    鳥取県に向かうその前に『押さえておきたい味と場所』
PAGE TOP