旅行

仮想ツアー 坊’s Collection

こんにちは、ひで坊です。

 

 

早速ですが皆さん

「時間もお金も気にせず」旅行がしたいと思ったことはありませんか??

 

この忙しい現代社会。

3度の飯を食うため、汗水たらして働いた代償にしては少なすぎるお給料。

失っていく時間。

 

生きるためだけに働いているはずなのに、いつの間にか

 

『働くためにいきている』

 

にシフトチェンジしていませんか??

 

そんな生真面目なあなたたちの願いを叶えるべく、このツアーは開かれます。

『仮想ツアー』

 

時間・お金・体調

 

それら全てがなくとも、インターネットにつながる環境さえあれば、どなたでも参加できる

夢のツアー

 

この記事を読んでいただくことで、「まるで現地に訪れているような体験」

「あなたの脳内で生まれる仮想世界」を楽しんでいただくためのおもてなし。

お付き合いいただければとおもいます。

 

記念すべき第一回目の仮想ツアー

 

今回の行くさきは、リクエストがありました『琉球王国 おきなわ・那覇編』にトラベルいたします。

「お手元に、さんぴん茶のご用意をお忘れなく」

 

 

では、いってみましょう。

 

 

 琉球王国 沖縄ツアー

 

  

目指すは沖縄諸島

 

 

東京都「羽田空港」からおよそ2時間45分の距離に位置する沖縄諸島。

ご安心ください。

こちら「仮想ツアー坊’s Collection」では、

面倒なフライトの手続き及び、一切のご足労はおかけ致しません。

 

スマートフォンなら右手親指or人差し指

パーソナルコンピューターならば、マウス上部のホイールにて、全て簡潔いたしますので、

 

今一度、ご自身にあった利用方をご検討くださいませ。

 

 

それでは、これから目指す沖縄諸島について、一度簡潔にご説明させていただきます。

沖縄の名前は、「沖にある場所・遠い場所」の意味をもつ『おき』と

「場所」を意味する『なは』で

「おきなわ」になったという説があるそうです。

 

沖縄ほぼ全域が、亜熱帯気候(熱帯の次に暑い気候)であり、最低気温 摂氏10度以下になることが少なく

年間を通して暖かい沖縄。氷点下になることもないそうです。

 

およそ146万人がすむこちら琉球王国、

多くの芸能人を排出していますので、少しだけご紹介。

 

 

沖縄出身の芸能人


 

  

「GACKT(本名 大城ガクト)」

 

 格付け番組などで圧倒的存在感を放つ彼も、沖縄の宝「しまんちゅ」です。

 

「新垣結衣ことガッキー」

 

 

格安SIM UQのCMでお馴染みの多部未華子と同級生。

私の兄と同い年の二人。

同じ人類のはずなのに、こうも差が開いてしまうのかと、仮想ツアー中なのに現実に帰りそうになってしまいます。

いえ、私の兄だって負けていません。自慢の兄貴です。

 

「小島よしお」

 

 私の世代では知らない人はいないのではないかとう程のジャパニーズコメディアン。

『そんなの関係ねえ!!』で大ブレイク。

友人が、たまたま訪れたジンギスカン屋さんにて、小島よしおさんと出会したとき、

肩を組んで快く写真撮影に応じてくれたそうで、人柄の良さを伺えます。

現在は、『勉強嫌いな子を作りたくない』と、自身のyoutubeチャンネルにて

算数を教える動画を投稿し、好評。

ふざけながらもしっかりとした信念をもつ「小島よしお」

どこか目を離せない人物です。

 

 ※音量注意

 

  

いかがでしょうか??

この他にも多くの著名人が生まれる『沖縄』

 

沖縄出身の芸能人をまとめた記事がありましたので、仮想ツアー後に是非一度、ご覧になってみてください。

 知らなかった!実は沖縄出身の芸能人

 

 

 

 

 

さて、まもなく沖縄県『那覇空港』に到着いたします。

外は陽が差し、大変お暑くなっておりますが、ご安心ください。

 

当社『仮想ツアー坊’s Collection』では、完全室内移動。

そのまま室内にて、空調設備の電源を入れていただきますよう、ご協力の程、よろしくお願い致します。

 

今一度、おてもとの「さんぴん茶」にて、喉の渇きを潤していただいたところで

 

 

さっそく那覇周辺の散策を開始していきたいと思います。

 

沖縄といえば、那覇市の中心から広がるメインストリート『国際通り』と答える方も多いのではないでしょうか??

国際通りには、沖縄全土のお土産が集まっていると言っても過言では無いほどの品揃え。

 

 

多くの観光客で賑わう『国際通り』

日曜日の12時から18時の間は歩行者天国となり、イベントが開催されることも。

 

 

みんなの本棚


 

国際通りにて、わたしがもっともご紹介したいものがこちら

全ての方が利用無料

「みんなの本棚」です。

 

国際通りからすこし離れたパラソル通り(裏路地)に存在する、

おそらくほとんどの方が気がつかないであろうこちらの本棚。

 

なんと利用料0円、誰でも利用可能です。

1日三冊まで、こちらの本棚にある本と、自分の本を交換することができます。

ただし、汚い本・辞書や週刊誌などなど、交換してはいけないルールもあります。

 

あくまで、次の人が読むにあたって、差し支えのない書籍が必要です。

もともと商店街の客足増加をのぞんで設置された「みんなの本棚」

実際に客足は伸び、多くの方が利用するこちら本棚は

ルールを守れるかたなら、観光客でも問題なく利用可能です。

詳しくは、みんなの本棚

 

みんなの本棚で、知識欲にまみれたところで

そろそろ腹ごしらえでもしていきましょう。

 

 

と、ここで一つ、お詫びしなければならないことがございます。

当仮想ツアーでは、各ツアーでさまざまな郷土料理、名産品を紹介していきますが

仮想ツアーのビジネスモデル上、実際の空腹を満たすことができません。

もし、実際の味覚を味わいたい方は、記事上にある広告から、商品の購入をよろしくお願いします。

強く、おねがい申し上げます。

 

国際通りにて、おいしいご飯を探すのに、一役かってくれるのが

Googleマップです。

こちら「仮想ツアー坊’s Collection」では、

多くのスポンサー達からの支援を望んでいますが、

実際には、バックアップなしの個人経営となっております。

強いていえば、Google AdSenseにて、広告掲載の許可をいただいております。

そんな良心的なGoogleさんの機能を使うことで、

誰もが簡単に、美味しいものが探せるという機能を、こちらからも宣伝していきたいとおもいます。

さっそく検索していきましょう。

 

まず初めに、沖縄料理ときいて何を思い浮かべますか??

沖縄料理といっても、数え出したキリがないほどの品数。

今回、こちらのサイト『全部食べたことある?沖縄料理、厳選10メニュー

であげられている

沖縄料理、厳選10メニューにも載っている

沖縄を代表するといっても過言ではない『沖縄ソバ』を

いただくことにしましょう。

 

もし、食べてみたいと思う料理がある方は、コメント欄にて教えていただけたらと思います。

次回のツアーの参考にさせていただきます。

 

Googleマップ検索「鬼の評価4.3」を叩き出す、名店

『金月そば 国際通りむつみ食堂店』をご紹介。

 

 

 金月そば 国際通りむつみ食堂店 


 

こちら『金月と書いてキンチチ』と読みます。

 

透き通った魚介の出汁が効いた、さっぱりとした中にどこか深みを感じるスープ。

こだわりの自家製麺に炙りソーキ(スペアリブ)

魚粉がまぶされたそばに、細かく刻まれた生姜入り。

麺・スープ・ソーキ

全てにこだわりを感じざるを得ない作り込み。

 

セットで注文すれば、沖縄の郷土料理『ジューシー(炊き込みご飯)』もついてきます。

こちらもネット通販にて、気軽に手に入りますので、ご注文をどうぞ。

うちの妻お気に入り ジューシー購入はこちらから↓↓

 

 

 

さて、実際にあるお手持ちの軽食は食べ終わったでしょうか??

腹ごしらえも済んだところで、そろそろ沖縄、那覇周辺を観光していきたいと思います。

 

那覇周辺だけでも、多くの観光スポットがありますので、

今回は3つほどピックアップ。

 

○首里城

○斎場御嶽(せいふぁーうたき)

○福州園

を簡単にご紹介。

では、いってみましょう。

 

 

沖縄と言ったらまず私が思い浮かべたのが

いまは無き『首里城』です。

 首里城公園(現首里城跡)


 

 

2019年10月、まだ記憶に新しい首里城消失事件。

出火の原因は、焼損が激しく着火物などがわからないことから、不明と公開されていますが、照明器具などの電気トラブルが原因になった可能性が高いそうです。

 

 

現在、新たなる沖縄のシンボルとなれるよう、復旧・復興に取り組んでいます。

そんな、沖縄県民ならず、世界遺産として多くの人に愛されていた首里城。

 

現在は、「首里城跡」となり、世界遺産としての登録はされていませんが、

これから復興された首里城が、どのような形でふたたび、沖縄のシンボルとなるのかが楽しみです。

 

多くの歴史的背景を持つ首里城。

琉球王朝の王城で、沖縄県内最大規模の城であった。戦前は沖縄神社社殿としての正殿などが旧国宝に指定されていたが[2]、1945年(昭和20年)の沖縄戦と戦後の琉球大学建設によりほぼ完全に破壊され、わずかに城壁や建物の基礎などの一部が残っている状態だった。1980年代前半の琉球大学の西原町への移転にともない、本格的な復元は1980年代末から行われ、1992年(平成4年)に、正殿などが旧来の遺構を埋め戻す形で復元された 

Wikipedia 参照

 

 

詳しく知りたい方は、首里城公園公式ホームページにて、youtubeで動画公開 されています。「首里城ガイドツアー」

数本の動画がありますが、少し長い動画となりますので、時間があるときにゆっくりご覧ください。

便利なアプリもご一緒にどうぞ

ご案内アプリ

 

現在の復興状態は、ボランティアによる赤瓦についた漆喰(しっくい)はがしを行い、使えそうな瓦を再利用するためお掃除しています。

※漆喰(しっくいとは、壁や天井に使われる粘土のような物。屋根のてっぺんに着く大棟(おおむね)・下り棟の固定や、隙間を埋めることが出来る塗料)

首里城復旧が、完全に再建出来ない理由の一つとして、もともと使われていた『赤瓦』の色を再現する技術が既に失われてしまっているのがあげられます。

そのことからも、現在利用できる瓦は貴重なものですので、とても大切な作業とも言えます。

 

現在の首里城跡も歴史的に見ればほんの一瞬のこと。

再建されたのち、歴史を積み上げていくことで、また多くの人たちに語り継がれていくでしょう。

私たちの人生も、首里城とともに過ぎ去る一瞬の時間。

歴史的に見ればあって無いような時間。

ですが、私たちが生きているのは歴史の為でありません。

自身や誰かのために何ができるか

しっかり胸に抱えながら生きていきたいものです。

 

 

なごりおしさも感じますが

次の観光スポット

 

斎場御嶽(せいふぁーうたき)を目指しましょう。

 

 斎場御嶽(せいふぁーうたき)パワースポット


 

現在の姿勢そのままで、下にスクロールしていただければ移動可能となっております。

こちら琉球王国最高のパワースポットとしても有名な聖地。

名前の御嶽(うたき)とは、聖地という意味であり、沖縄には琉球開闢七御嶽(りゅうきゅうかいびゃくななうたき)

と、古くから語り継がれている聖地がございます。

  • 斎場御嶽(せいふぁーうたき)
  • フボー御嶽
  • クボウ御嶽
  • 薮薩御嶽(やぶさつうたき)
  • 真玉森御嶽(まだまむいうたき)
  • 雨つづ天つぎ御嶽(あまつづてんつづうたき)
  • 安須森御嶽(あしむりうたき)

その7つのなかで、もっとも最高位として位置付けるのが斎場御嶽。

琉球の神話で登場する神が来訪し、神の祖先をまつる場所とされております。

そんな強い力をもつ聖地

 

まずは入り口の石碑前にて、名前と現住所などの簡単な自己紹介をいたします。

そのまますこし山道を歩き順に進んでいきます。

 

大庫理(うふぐーい)

祭祀のような機能をもつ各式高い場所。

神女たちが聞得大君を祝福し琉球王国の繁栄を祈りました。

 

寄満(ゆいんち)

国王のために出す食事をつくる厨房。

 

三庫理(さんぐーい)

 

二つの大きな岩がバランスを取っている姿から、「安定の場所」と伝えられています。

三角岩のトンネルを潜ると、神の島とされていた久高島が見える遥拝所(ようはいじょ)があります。

もともと男子禁制とされていた斎場御嶽。

神事は女性がおこなうとされていて、その国の王様であったとしても入場する事は許されませんでした。

現在は、制限なしに誰でも入れるようになりましたが、

過去に習い、再び男子禁制にしようという動きがありますが、

ジェンダーレス問題が根深い日本。どのような結果になるかが個人的には気になります。

 

 

福州園


数百年前から沖縄と交流のあった中国。そんな中国福州市と交友都市として10周年と、那覇市70周年を記念して作られた福州園。

 

福州側からの資材や計画によって、1992年に完成。

中国特有の建設物となっており、さまざまな思いや背景を表現した建物が並んでいます。

 

 

 

 

最後に


皆さん、第一回 那覇周辺仮想ツアー はいかがだったしょうか。

多くの観光スポットや美味しい食べ物があり、魅力的な沖縄。

一つの記事にすべて詰め込むには、魅力が多すぎる沖縄。

沖縄だけでなく、食べ物一つ取ってもなぜその調理法がうまれたのかなどなど、多くの情報が

インターネットの世界には広がっています。

30年前では考えられなかった世界です。

 

そんなこの情報社会ににて、私の身内あてに考えたのがこの仮想ツアー。

病気で動けない方、時間やお金がない方でも、ちょっとした旅行体験を味わっていただけたら幸いです。

また、少ない記事内容ではありますが、実際に現地に出向くための下調べとして使っていただけたらと思います。

仮想ツアシリーズ、まだまだ続きますので、ふるってのご参加おまちしてます。

 

 

人気ブログランキングはこちら ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村クリックにて応援よろしくお願いします!!

 

 

 

 

 

 

『バスソルト』入浴の効能をさらに引き出す方法前のページ

仮想ツアー坊’s Collection 北海道札幌ツアー次のページ

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

  1. 旅行

    山形県の魅力『人を駒とする文化』

     こんにちは、ひで坊です。今回の記事は、山形にいくな…

  2. メンタル セルフコントロール

    やんばるでドライブ!inおきなわ

    ※観光スポットでは、コロナ対策に万全を期していますが、個人個人、マス…

  3. 旅行

    寝坊こそ旅行の醍醐味『in沖縄』

    ※観光スポットでは、コロナ対策に万全を期していますが、個人個人、マス…

  4. 旅行

    博多から広がる世界的フード『実は韓国からヒントを得たあのつぶつぶ』

     こんにちは、ひで坊です。いつもならば、仮想ツアーの…

  5. 旅行

    鳥取県に向かうその前に『押さえておきたい味と場所』

      こんにちは、ひで坊です。今回の記事は、鳥…

  6. 旅行

    超絶パワースポットを体感 inおきなわ

    沖縄旅行最終日  前日の夜最終日は飛…

コメント

    • ゆみ
    • 2021年 4月 05日

    沖縄旅行、益々行ってみたい‼️沖縄はどこも自然界一色、心が癒される‼️

      • hidebou
      • 2021年 4月 05日

      コメントありがとうございます♪
      近いうちに、沖縄の自然をより感じる事ができる、やんばるエリアの仮想ツアーにご招待致しますので、

      ご参加おまちしています( ◠‿◠ )

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらのボタンで応援よろしくお願いします。 ブログ検索に役立つページに飛べます

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

 
  1. 旅行

    寝坊こそ旅行の醍醐味『in沖縄』
  2. メンタル セルフコントロール

    冬至は湯船に浸かりましょう
  3. メンタル セルフコントロール

    抗精神薬のリスク『妻の実体験から得たもの』
  4. メンタル セルフコントロール

    自分のやる気をセルフコントール『同調圧力をうまく利用』
  5. マクドナルド

    マクドナルドジャンキーの私がおすすめする『シンプルに美味いバーガー』TOP5
PAGE TOP